物件探しをするチームのメンバーには、おそらく自分で見つけなければならない人たちがいる。マーケットを知っている人で自分と同じくらい誠実な人、そして、自分の目標達成を手助けするために自分が必要とされていることを理解している人が見つかるまで、それぞれの分野の専門家と沢山あった方がいい。自分が、エスクロー[第三者預託]の段階に入ったときに、いわゆるデューデリジェンス、つまり物件検査を行う専門チームなどの残りのメンバーをそろえることも手伝ってくれるだろう。
不動産ブローカーは、自分がマーケットを理解するのを助け、物件探しを手伝ってくれる。物件管理人は、あなたが検討している物件を運営という視点から評
価するのを手助けしてくれる。その物件の現状や今後について確かな意見を
提供してくれるだろう。