新築物件を購入するデメリットはその価格差にありますが、もう一つ大きなデ
メリットがあります。それは賃料にも新築プレミアムがついているという事実で
す。新築の賃貸物件は当然新築分の価値だけ高い家賃をとることができるので、
利回りが割り増しされていることになります。新築当時に入居した方が退去した
場合、当然、中古の賃料相場で募集することになります。
新築物件を購入した多くの投資家が直面する現実は、新築プレミアムがのった 高い物件を高利回りで投資を始めたは良いが、最初の入居者が出たあとは 家賃がガクンと下がるので利回りが2%くらいに落ち込んでしまい、結果借り入 れの返済金を賄えなくなってしまうということです。
自分で住む目的で購入をする場合であればともかく、投資であれば投資効率は
とても重要になります。新築物件は買った瞬間に中古になります。数年後には売 却想定相場も賃料も一割二割下がってしまうことを考えれば、新築物件で不動産投資をすることのディスアドバンテージは明らかといえるでしょう。