不動産投資物件を検討しているとき、あるいは不動産投資物件を取得してから、次のような専門家が必要になることがあるかもしれない。前のリストの専門家と同じように、このチームメンパーも他からの紹介で見つかるだろう。

  • 会計士。会計士は、ビジネスの財務を手伝ってくれるだりでなく、検討している物件について、損益の見通しを立てるのを手助けしてくれるだろう。
  • 鑑定士。鑑定士は重要なチームメンバーであり、あなたが検討しているマーケットと物件の種類の両方に精通している人でなければならない。売買の前後に行う不動産投資物件価値の査定を手助けしてくれる。
  • 建築家。物件の中には、良い状態にするのにペンキを塗ったり庭木を刈り込んだりするだけではすまないものもある。建築家は、新しい設計や修復のアイディアを提案して、人目を引く外観にしたり運営の効率アップを手助けしたりしてくれる。
  • 保険代理店。保険代理店は、あなたが物件のオーナーになったとき、適切な保険をかけるのを手伝ってくれる。物件を取得したら、適正な価格で適切な保障をつける必要がある。
  • 固定資産税のコンサルタント。このビジネスでは必ず固定資産税がかかるが、固定資産税のコンサルタントは、あなたの税金が公正かつ正確に評価されるようにしてくれる。
  • 所得税のコンサルタント。税法は複雑なものなので、仕事上つねに最新の税法に精通している人からいつで、もアドバイスを受げられるようにしておくとよしい。
  • 相続プランナー。相続プランナーがいれば、不動産資産が増えてきても、あなたが病気のときや亡くなったときに、それらの資産を保護したり処分したりするのを手助けしてくれる。
  • 環境企業や産業衛生士。有害なカピやアスベスト、その他の環境被害が疑われるときは、こういう人たちが、必要に応じて検査や有害物質の除去などの作業を手助けしてくれる。
  • 測量技師。物件の修復を行っているときは、土地の境界線や高さその他を査定する測量技師の助けを借りる必要がでてくるかもしれない。
  • 構造技術者。工事の請負業者が、建物の全体の構造を台無しにするような問題を見つける場合がある。構造技術者に頼めば、問題を分析し、建物を改修する方針を助言してくれるだろう。

以上がいわゆるチームというものだ。仕事をやり遂げるためにいっしょに働く人々のことをさす。彼らはあなたの味方となり、あなたが成功すれば、それが自分たちの成功でもあると考えるはずだ。目標やビジネスの手法が、あなた自身の目標や手法とかみあう人たちが見つかるまで探し続げよう。

不動産投資セミナーのTOPへ戻る